登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国の超音速ミサイルが勝手に発射 危機一髪で殲滅

フォローする
米国で行われた飛行実験で、最新型の超音速ミサイルが予定外に発射する事態が発生し、危機一髪で殲滅された。航空宇宙専門誌「Aviation Week」が明らかにした。

事故が発生したのは米国防高等研究計画局(DARPA)と米空軍の共同プログラムの枠内で開発されたミサイル。

Aviation Weekが消息筋の情報として報じたところよれば、ミサイルはこれを搭載していたB-25の飛行実験の際に機体から突然離れたものとみられている。事故原因については現在調査が行われている。

Aviation Weekは事故の発生現場は太平洋の洋上ではなく、陸上だったと想定している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала