登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

もっとも高額な米航空母艦 テスト航海時に故障

© AP Photo / Chief Mass Communication Specialist Christopher Delano/U.S. Navy空母「ジェラルド・R・フォード」
空母「ジェラルド・R・フォード」 - Sputnik 日本
フォローする
米国のジェラルド・R・フォード級航空母艦(USS Gerald R. Ford, CVN-78)は、テスト航海後にバージニア州の都市ノーフォークの基地に帰還した。米海軍研究所のサイト「USNI News」が発表した。

報道によると、テスト航海期間に同艦で電磁カタパルトEMALS制御システムの一部に故障が発生した。このことから、5日間、空母のデッキから航空機が離陸することが中止された。

この故障は船員やパイロットの安全面には影響していないと強調されている。

「ジェラルド・フォード」は故障続き

ジェラルド・R・フォード級航空母艦 - Sputnik 日本
建造費130億ドル「トラブルメーカー」 米空母の海上公試の動画が公開
ジェラルド・R・フォード級航空母艦は、太平洋での6日間に及ぶ海上公試を終え(10月25~30日)、米ノーフォーク海軍基地に帰港した。この海上公試は、15ヵ月に渡る修理後に予定されていたテストの一環として行われた。

この航空母艦の機能性については今までに何度も疑問視されてきた。ジェラルド・R・フォード級航空母艦の問題報告は、進水直後から出始めた。マスコミの報じる航空母艦の支障はすべての領域に渡っている。最近判明した大きな問題は、空母から戦闘機を加速し発射するための電磁式カタパルトの作動の不具合だ。

関連ニュース

米空母ロナルド・レーガン 南部演習に向け出港

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала