Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ZaraやMassimo Duttiの所有者 世界の1200店舗を閉鎖に

© AFP 2022 / Philippe HuguenZara
Zara - Sputnik 日本
ZaraやBershka、Pull & Bear、Massimo Duttiといったブランドを所有するスペイン企業Inditex社が1000から1200店舗を閉鎖する。同社の四半期決算で明らかとなった。

小売店舗の閉鎖に関しては、長期に渡り大きな成果を得られていないところが対象となるが、これら店舗の多くはZaraではない。これと並行してInditex社は、新たに「最新技術で設備」された450店舗をオープンする予定だ。

アップル店 北京 - Sputnik 日本
全体的な下落傾向のなかIT企業の株価上昇 AppleとMicrosoftの資本が記録的額に
これらの計画は2020年か2022年にかけて実現される見通し。結果的に、Inditex社は自社の取引ネットワークを現在の7412店舗から6700~6900店舗に縮小させる。

Inditex社は通信販売を発展させる計画であること明らかにしている。2019年の秋、通信販売は同社利益の19%を占めており、2022年に向けこれを最大25%まで引き上げる計画。

Inditex社は、さまざまな時期に新型コロナウイルスの影響から各国の約6500店舗を閉鎖し、そのうち約1500店舗は現在でも再開していない。

Inditex社の2020年2月から4月の売上高は前年同期比で44%減少し、33億ユーロ(約4011億円)となった。一方、通信販売では四半期の売上を前年同期比で50%伸ばし、4月に関して95%に達していた。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала