東京の出入国在留管理局 爆破予告から業務を1日停止へ

日本の出入国在留管理局は、爆破予告が送られたことから6月12日の東京当局の業務を停止する。11日、機関のサイトに緊急の通知が掲載された。送り付けられたメッセージには、爆破が未然に防止された場合、職員を刃物で襲撃すると書かれていた。

「東京出入国在留管理局が管理するメールアドレスに対して,6月12日15時30分に「入国管理局」を爆破し,職員へ危害を加えることを予告するメールが寄せられたため,東京出入国在留管理局は以下のとおり窓口業務等を中止いたします。」

爆破予告が送られたのは10日の午前中。予告状には、入管が外国人を虐待しているため、12日に入管施設内で爆発を起こすなどと記されていた。

3月下旬、日本政府は欧州18か国とイランの全土からの外国人の入国拒否へ踏み切る方針を固めた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала