登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

蝶は雨に打たれてもなぜ死なないのか?

CC0 / Pixabay /
蝶 - Sputnik 日本
フォローする
米コーネル大学の生物学者らが、蝶が大きな雨滴とどのように相互作用しているのかを明らかにした。研究結果が『米国科学アカデミー紀要』に掲載された。

学者らは、毎秒1000フレームのスピードで動画を撮影できるカメラで雨に対する蝶の反応プロセスを撮影した。

結果、蝶の羽は特別な構造を持っていることがわかった。雨滴が秒速約10メートルの速度で落下した場合、雨滴は蝶の疎水性コーティングと反応して砕けるが、蝶の羽にはでこぼこがあり、この構造が保護する役割を果たすため、蝶は雨に打たれてもケガを回避できるという。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала