登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

三菱自社員の過労自殺で労災認定 残業が139時間に

© Fotolia / Moonrise三菱自社員の過労自殺で労災認定 残業が139時間に
三菱自社員の過労自殺で労災認定 残業が139時間に - Sputnik 日本
フォローする
三菱自動車の男性社員(47)が残業が急増する中で昨年2月に自殺した事件で、先月労災が認定されていることが分かった。同社員の死は精神疾患を発症していたが原因だったとされる。NHKが報じた。

弁護士らによれば、この社員は三菱自動車が他のメーカーと共同開発した軽自動車を担当し、発売に向けさまざまな調整で激務となっていた。

遺族からの労災申請を受け労働基準監督署が調査したところ、亡くなる直前の1ヶ月で残業時間が139時間に達していた。弁護士によれば、これには帰宅後や休日の在宅勤務は含まれておらず、実際の残業時間はさらに多いという。

弁護士は、在宅勤務が推奨される中で法規制の必要性を強調した。また、遺族らは、新たな犠牲者を出さないため、必要な人員配置など企業が社員を思いやる管理体制をとるよう訴えた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала