登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

オランダの街に巨大キツネが登場

フォローする
オランダ第二の都市、ロッテルダムの地区に巨大なキツネのオブジェが登場した。

この巨大な彫刻を手掛けたのはオランダの芸術家、フローレンティン・ホフマン氏。ホフマン氏といえば、数年前大阪にも登場した巨大アヒル「ラバー・ダック」を制作したことで有名な人物だ。

キツネは、オブジェが設置された地区の名前をとって「ボスポルデル・フォックス」と名付けられた。

この投稿をInstagramで見る

Studio Florentijn Hofman(@studioflorentijnhofman)がシェアした投稿 -

全長16メートルのキツネが横断歩道の目の前に佇む姿は圧巻だ。でも、なぜビニール袋を口に?

ホフマン氏によると、ボスポルデル・フォックスは都市と自然という2つの世界の衝突を象徴しているという。ロッテルダムの住民の多くがよりよい生活を求め他の地域から移ってきたように、キツネもまた餌を求めてこの街へ現れる。ロッテルダムは、自然や新たな住民、そして新しい視点にオープンであるべきだと語っている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала