観客は植物! バルセロナのオペラハウスでコンサート開催

外国人観光客の受け入れを再開するなど規制緩和が進むスペインの劇場で、ちょっと変わったコンサートが開催された。人間の代わりに生演奏を楽しんでいたのは、植物だった!

欧州3大オペラ劇場の1つとも言われるバルセロナのリセウ大劇場は6月23日、営業再開後初となるコンサートを開催した。歴史あるオペラ劇場で普段は多くの観光客が訪れるが、今回は無観客での開催に。人間がライブストリーミングで演奏を楽しむ中、会場の座席を埋め尽くしたのは合計2,292本の植物たちだ。

コンサートの発案者は、パンデミック(世界的大流行)時、庭や外の植物の成長が早くなったことからインスピレーションを得た。人と自然との関係について考えることが目的だという。

生い茂る「観客」に見守られる中、弦楽四重奏団がプッチーニの作品『菊(Crisantemi)』を演奏。観客たちは静かに演奏に耳を傾け、また演奏後は4人へ盛大な拍手を送るなど、マナーもしっかりわきまえている様子も伺えた。

コンサート後、観客としての使命を果たした植物たちは、新型コロナウイルス禍中に最前線で闘った医療従事者に贈られる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала