リニア工事でJR社長と県知事が初会談 27年開業は遅れる可能性 

© AFP 2022Поезд на магнитной подушке "Маглев" в Японии
Поезд на магнитной подушке Маглев в Японии - Sputnik 日本
26日、リニア中央新幹線の工事未着工をめぐり、静岡県の川勝平太県知事とJR東海の金子慎社長が県庁で会談を行った。この問題での両者の会談ははじめて。

同社が希望する6月中の工事の着手に関しては、川勝知事は明言を避け、話し合いは平行線に終わった。このため、JR東海がめざす2027年の開業については、遅れる可能性が高まった。

会談では、金子社長が27年の開業に向け工事が急がれていることを説明し、準備工事への同意を求めつつ、水の保全に関してもしっかりと対応していくと伝えた。しかし、川勝知事は、リニア自体に反対ではないとしながらも、明確な同意を示さなかった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала