米国、アフガンの米兵殺害に報酬を提供していたとしてロシアを非難 露外務省が反応

米議会の共和党分派は6月初旬、ロシアがアフガニスタンの反政府勢力タリバンを資金援助しているとして非難する内容などを含む報告書を発表した。これを受け、共和党は対露制裁を強化するべきだと考えている。ロシア外務省は、これは「偽情報」でありプロパガンダだと指摘した。

ニューヨーク・タイムズが報じた米情報当局の情報によると、ロシア軍の情報機関はタリバンと関係のある武装勢力に、アフガニスタンの米軍および英軍の兵士殺害に対して密かに報酬を提供していたという。

また同紙によると、ロシアはこのようにして米国とタリバンの和平協議を失敗させようとしていたという。

この情報はトランプ米大統領と国家安全保障会議に伝えられ、より厳しい制裁を含むいくつかの対露措置が練られたが、今のところいかなる措置も取られていない。

ロシア外務省は今回の非難について、これは米情報機関の「ただの偽情報」だとして否定した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала