登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

中国の香港安全法可決は「遺憾」「国際社会の信頼損ねる」=菅官房長官

© REUTERS / Yuya Shino 菅官房長官
菅官房長官 - Sputnik 日本
フォローする
菅義偉官房長官は30日の記者会見で、中国の全人代(全国人民代表大会)常務委員会が香港への統制を強化する「香港国家安全維持法案」を可決したとの香港メディアの報道を受け、「報じられている通り可決されたのであれば、遺憾だ」と述べた。時事通信が報じている。

菅官房長官は、香港の一国二制度は「日本にとっても極めて重要」と強調。同法制定は「国際社会の一国二制度の原則に対する国際社会の信頼を損ねる」と語った。

6月30日、中国の全人代常務委員会は香港「国家安全法」を全会一致で可決した。

また今回の法案可決については台湾も批判している。台湾は、この法案可決により「一国二制度」原則は実現不可能であることが証明され、また返還後50年は香港の「高度な自治」や自由が維持されるとの約束を北京が破ったことを示している、とした。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала