WHO、新型豚インフルエンザについてコメント=新しいウイルスではない

世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏はブリーフィングで、中国の研究者チームらが発表した豚インフルエンザウイルスについて、これは新しいウイルスではなく、すでに知られている豚インフルエンザの変種だと発表した。

ライアン氏は「人々を安心させることが重要だ。これは新しいウイルスではなく、監視下にあるウイルスだ。 我われはこのウイルスを監視している」と述べた。

新型豚インフルの脅威に説得力はない=中国当局 - Sputnik 日本
新型豚インフルの脅威に説得力はない=中国当局
同氏によると、中国の研究者チームが発表したウイルスは、鳥インフルエンザに似たユーラシア豚インフルエンザ株で、2016年に発見された。

また中国の研究者チームが発表した論文には、この株の疫学的監視に関する情報も記されており、そこにはブタの個体群におけるこの株の進化も含まれている。

一方、WHOは中国と協力して状況をさらに調査することに期待している。


6月30日、中国の研究者チームが新型豚インフルエンザウイルスを発見したと報じられた。このウイルスはヒトにとって潜在的な危険性を持ち、新たなパンデミックを引き起こす可能性があるという。

研究者チームによると、このウイルスは鳥インフルエンザと2009年にパンデミックを引き起こし世界中で約2万人が死亡した豚由来インフルエンザ(H1N1)が遺伝学的に混合したもの。ヒトの気道で増殖する。

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
WHO、新型豚インフルエンザについてコメント=新しいウイルスではない - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала