登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本 10年で旧式の石炭火力の発電量90%削減へ

フォローする
3日、 日本政府は旧式の石炭火力発電所による発電量の段階的な削減を目指す方針を明らかにした。 梶山経済産業相は今月中にこれへむけての具体的な仕組みの検討に入ると明言している。NHKが報じた。

見通しでは、二酸化炭素の排出が多い、古い石炭火力発電所による発電量を10年後の2030年度までに9割程度削減する。 これに向けた有識者会議が近く開かれる。

梶山経済産業相は、脱炭素社会を実現するため、 石炭火力発電所のフェードアウトと同時に再生エネルギーの主電力化を目指すことを明らかにし、 再生エネルギー導入を加速かする基幹送電線の利用ルールも抜本的に見直すと指摘した。

関連ニュース

世界初の水上原子力発電所 ロシアで商業運転を実施

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала