英国スーパー、「サルの奴隷労働」で生産された製品を店頭から外す

英国の複数のスーパーチェーンは、「サルの奴隷労働」により生産されたココナツ製品の販売を中止する。国際動物愛護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)アジア支部の話として英「デイリー・テレグラフ」紙が伝えた。

英国内のWaitrose、Ocado、Co-op、Bootsなど複数の大手スーパーチェーンはタイの野生サルを使って生産された製品を店頭から外した

動物愛護団体PETAが調査を行ったところ、タイでは野生サルを捕獲し専門農場でココナツ収穫を覚えさせていることが判明した。サルは逃げないように古タイヤに繋がれるか、あるいは体とほぼ同サイズの小さな檻の中に入れられているという。また噛まないように抜歯されている。

同紙は、このような収穫方法はタイの大手ココナツ製品メーカーで用いられていたと伝えている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала