登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

不採用のカラシニコフ氏設計の自動拳銃モデル 機密解除に

© Sputnik / Ilia Pitalev / フォトバンクに移行カラシニコフ氏
カラシニコフ氏 - Sputnik 日本
フォローする
ロシアの銃器メーカー「カラシニコフ」の製品を紹介する「カラシニコフ・メディア」は、ソ連を代表する銃器設計者カラシニコフ氏が手がけたものの、あまり世に知られることのなかった自動拳銃モデルを紹介している。YouTubeの公式チャンネルで公開された動画によると、この拳銃は軍に採用されることはなかったという。

銃器の研究を進めていた軍事史家のルスラン・チュマック氏は、カラシニコフ氏が自動拳銃の開発に携わっていたことを誰もが知っているわけではないことに気がついた。

チュマック氏は「ミハイル・ティモフェビッチ・カラシニコフ氏は自動小銃や機関銃の設計者として世界中に知られているが、実は様々な種類の武器の開発に挑戦していた」と述べた。

今回機密解除されたカラシニコフ氏の自動拳銃モデルは採用されなかったが、スチェッキン氏とヴォエヴォジン氏が設計した拳銃は採用テストの最終段階まで残った。

審査の結果、採用されたのはスチェッキン・マシンピストル。同氏の拳銃は、1951年にソ連軍に採用され、現在でも多くの特殊部隊で使用されている。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала