登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

寿命を延す物質が発見

フォローする
サウスカリフォルニア大学は潜在的に寿命を延し可能性のある物質を発見した。研究者らが注目したのはミフェプリストンという薬剤。これはがんやクッシング症候群の治療のほか、妊娠初期の人工妊娠中絶に用いられている。これについて、メディカルエクスプレスが紹介している。

実験でミフェプリストンはメスのショウジョウバエと線虫の一種のカエノラブディティス・エレガンスに投与された。すると、通常、交尾を終えたメスのショウジョウバエはオスから渡されるペプチドの影響で炎症を起こして死ぬが、ミフェプリストンが投与されたところ、寿命は延びた。また線虫も投与で寿命が延びた

男性と女性 - Sputnik 日本
研究者らが解明 なぜ男性は女性より短命なのか
しかもショウジョウバエもカエノラブディティス・エレガンスも系統樹では互いにかなり遠い関係にあることから、ミフェプリストンは人体にも同様の効果を及ぼすのではないかという期待を抱かせている。

研究者らはミフェプリストンが人間の長寿のカギを握るのではないかと見て、人体への作用についてより詳細な分析を行う必要があるとしている。

関連ニュース


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала