登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

小笠原諸島の西之島で溶岩が噴き上がる

フォローする
連続噴火が継続している小笠原諸島の西之島で溶岩が火口から200メートルの高さまで噴き上がった。NHKが16日、伝えた。

報道によると、気象庁は11日、西之島付近の海上から観測を行った。気象庁が撮影した映像では火山灰が噴出し、噴石が火口の周辺に飛び散っている様子が確認された。

西之島では6月から噴火が続いており、気象衛星による観測で7月4日、噴煙は高さ8300メートルまで上がったという。

6月にインドネシアで最も活発な活火山ムラピ山(ジャワ島、メラピ山の表記もあり)が噴火し、噴煙は上空6000メートルに達した。

関連記事

カムチャツカ ユーラシア大陸最高峰火山の噴火が終了

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала