登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

空港荷役が語る 預け荷物で最もイラつくもの

© Sputnik / Sergey Pivovarov / フォトバンクに移行Пассажир в медицинской маске и с чемоданами в международном аэропорту Барахас в Мадриде
Пассажир в медицинской маске и с чемоданами в международном аэропорту Барахас в Мадриде - Sputnik 日本
フォローする
空港で荷役の仕事を11年間続けた男性が、スーツケースの中にある、最もくだらないものを挙げた。男性はRedditフォーラムで体験談を語っている。

匿名希望のこの男性は、多くの搭乗客が荷物紛失を避けるためにスーツケースにつけている名札は何の意味もなく、すべての荷役を苛立たせるだけだという。「デイリー・エクスプレス」紙が荷役の声として次のように伝えている

エミレーツ航空の客室乗務員 - Sputnik 日本
世界でもっとも優秀な航空会社の客室乗務員が語る「より快適なフライトの過ごし方」
「名札はいつも、荷物のハンドル部分を持つのに邪魔で、落ちたり壊れたりする。名札の一部が取れてしまうとゴミになり、飛行機のエンジンにとっては危険なものになる。」

荷物の紛失が心配な人は、油性ペンで直接、スーツケースに連絡先を書いた方がいいと勧める。

2月には別の空港荷役が、スーツケースの何が荷役業を最も苛立たせるかを語っている。旅行者が預け荷物に入れる最悪のものは、食料品だという。その他、アルコール飲料が多数入っていると、たちまちスーツケースの重量が増す、とも明かした。

以前、客室乗務員が航空機に搭乗する旅行客らの服装について、スタッフがどう思っているかを明かした。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала