サウジ国王が手術後に退院

© AFP 2022 / Mandel Nganサウジ国王が手術後に退院
サウジ国王が手術後に退院 - Sputnik 日本
手術を受けたサウジアラビアのサルマン国王が30日、入院先の首都リヤドの病院を退院した。時事通信がサウジアラビア国営通信の報道をもとに伝えた。

報道によると、84歳のサルマン国王は7月20日に胆のう炎検査で入院し、23日に胆のう摘出手術を受けた。

サルマン国王は2015年に即位した。現在、息子の34歳のムハンマド・ビン・サルマン皇太子がサウジの事実上の最高権力者となっている。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала