ホワイトハウス近くで発砲 トランプ大統領が記者会見場を途中退室

ドナルド・トランプ米大統領は10日、記者会見中に理由を告げることなく護衛スタッフに伴われて途中退席した。その後、会見の場に戻ったトランプ大統領はホワイトハウス近くで発砲事件が起こったことを記者団に明らかにした。

トランプ大統領は告げることなく記者会見中に途中退席した。

その後、会見の場に戻ったトランプ大統領はホワイトハウス近くで発砲事件が起こったことを記者団に明かした。​

会見の中でトランプ大統領は「ホワイトハウス近くで発砲があったが、柵の向こう側だ」と発言した。

トランプ大統領は事件の詳細は未確認としつつ、発砲犯は1人で、シークレットサービスの隊員らがすでに容疑者を確保したとコメントした。

続けてトランプ大統領は「シークレットサービスが捕縛する際に男はケガしたようだ。どうなるか、見てみよう」と語った。

その後、ホワイトハウスはプレスリリースを発表し、発砲事件の容疑者とシークレットサービスの将校1人がそれぞれ現地の病院に搬送されたことを明らかにした。

​関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала