OPEC 世界的な石油需要の予想を下方修正

© REUTERS / Leonhard Foeger石油輸出国機構(OPEC)
石油輸出国機構(OPEC) - Sputnik 日本
石油輸出国機構(OPEC)は同機関の8月の報告から、2020年の世界的需要は日量906万バレルの下落で、最大日量9063万バレルと予想した。

OPECの評価では、2021には石油の世界的な需要の増加が期待され、日量700万バレルの増加で、最大日量9760万バレルとなる。

2020年末までの世界的な石油のストックは、新型コロナウイルスへ対応する規制が続くことから高い水準が維持される可能性がある。OPECのアナリストらは、石油価格のダイナミクスは、パンデミックの第2波の危惧と石油ストック増加の影響から停滞すると予想している。

新型コロナウイルス用のワクチンの出現というニュースから石油価格が上昇した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала