ドイツ外務省がベラルーシ政府に抗議 大統領選の経緯を非難

© Sputnik / Sergei Guneev / フォトバンクに移行ベラルーシのルカシェンコ大統領
ベラルーシのルカシェンコ大統領 - Sputnik 日本
ドイツ外務省は在独ベラルーシ大使館のデニス・シドレンコ大使を呼び出し、ベラルーシ大統領選の経緯についてドイツ側の姿勢を伝えた。13日夕方にタブロイド紙「ビルド」が伝えた。

ビルド紙によれば、ドイツ外務省はシドレンコ大使を呼び出し、8月9日に実施された大統領選の経緯についてドイツ側の姿勢を伝えたという。


 - Sputnik 日本
銃声鳴り響く抗議活動下のミンスク 米政府が当局による市民の弾圧を批判

ベラルーシ大統領選は8月9日に実施された。ベラルーシ中央選挙管理委員会の最新集計結果によると、現職のアレクサンドル・ルカシェンコ氏が80.08パーセントの得票率で圧勝し、6期目となる再選を確実にした。

民主派として支持を集めていたスベトラーナ・チハノフスカヤ氏は10.09パーセントの得票率にとどまった。野党連合本部は選挙結果を承認していない。

チハノフスカヤ氏は、得票率は70から80パーセントに達していると主張し、ベラルーシ中央選挙管理委員会を提訴した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала