ロシアの専門家がアドバイス 正しい夕食の秘訣

ロシアの栄養学の教授アルフレッド・ボグダノフ氏がテレビチャンネル「ズヴェズダ」に出演し、夕食ではどのような食品を摂るべきか、逆にどのようなものを避けるべきかについて語った。

同教授によれば、夕食では牛肉や鶏肉または魚を野菜と一緒に食すると余計な体重を増やすことを避けることができるという。

肥満 - Sputnik 日本
栄養士が解説 自分が肥満であるかの判断基準
また、ボグダノフ教授は、乳製品やチーズ、卵などは夕食で摂ることが許容されると指摘した。

ボグダノフ教授は、「もっとも好ましい夕食の食材は、魚や海産物、さまざまな野菜であり、これらを煮る、生のまま、蒸すなど、好みで調理するのが良い」とコメントした。

また、同教授は、炭水化物が多く含まれることから午後にフルーツを食べるのは控えることを推奨している。

関連ニュース


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала