バルセロナ会長 セティエン監督の解任を認める

© REUTERS / Paul Hannaバイエルン・ミュンヘン 対 バルセロナ
バイエルン・ミュンヘン 対 バルセロナ - Sputnik 日本
スペインのサッカークラブ「バルセロナ」のジョゼップ・バルトメウ会長は、同国のラジオ局「コペ」の放送で、キケ・セティエン監督を解任したことを認めた。

バルセロナの新監督として候補に上がっているのは、「トッテナム・ホットスパー」元監督のマウリシオ・ポチェッティーノ氏、オランダ代表監督のロナルド・クーマン氏、「バルセロナ」元キャプテンのシャビ氏。

バルセロナは8月14日、リスボンで行われた欧州チャンピオンズリーグ準々決勝のバイエルン・ミュンヘン戦で2-8の大敗を喫した。欧州チャンピオンズリーグの決勝トーナメントでの8失点はバルセロナ史上の最多失点数。それまでのバルセロナの最多失点数は1962年のバレンシア戦での6失点だった。

 

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала