世界保健機関が新型コロナのパンデミック収束時期について指摘

© REUTERS / Fabrice Coffriniテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長
テドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長 - Sputnik 日本
世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長が、新型コロナウイルスの収束には2年必要と指摘した。

WHO代表は、1918年に流行したスペイン風邪の感染は2年間続いたことを指摘。同事務局長は、「私たちには現在、当時よりも多くの技術があり、もちろん、交通量もより多くなった。ウイルスは拡大のチャンスがより広まっており、それも急速にだ」と語った。また、技術的な発展と知識はパンデミックを食い止める力となると強調する。

また、ゲブレイェソス事務局長は、新型コロナウイルス用ワクチンの開発が病気の収束にすぐにつながるわけではないとも指摘した。

関連ニュース

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
世界保健機関が新型コロナのパンデミック収束時期について指摘 - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала