露国境で一週間で航空機50機以上の偵察飛行確認

© Sputnik / Alexander Vilf / フォトバンクに移行露国境で一週間で航空機50機以上の偵察飛行確認
露国境で一週間で航空機50機以上の偵察飛行確認 - Sputnik 日本
ロシア国境付近ではこの一週間で偵察活動を行う航空機40機が確認された。露国防省機関紙「赤い星」が報じた。

また、ロシア国境付近では無人偵察機14機が確認された。

国境付近での偵察活動を阻止するため、ロシア軍機の緊急発進が8度にわたって行われ、領空侵犯が阻止された。

8日、ロシア航空宇宙軍の戦闘機「Su-35S」3機が、米国の戦略爆撃機を迎撃するためオホーツク海上空で飛行を行ったと伝えられていた。また、ロシア航空宇宙軍南部軍管区の戦闘機Su-27が9日、ロシアとの国境に接近してきた米海軍の電子通信偵察機を迎撃するため黒海空域に緊急発進した。

これより前、軍事専門ニュースサイト「ミリタリー・ウォッチ」は、第4++世代ジェット戦闘機Su-35が米国の戦闘爆撃機F-15EXよりも優れていると報じていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала