米カリフォルニア州 黒人奴隷への賠償金支払い 具体的な方法検討へ

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行黒人(アーカイブ写真)
黒人(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
米カリフォルニア州議会議員は、黒人奴隷の子孫に対する賠償金支払い問題を検討するため、専門委員会を設置する。AP通信が伝えた。

同州上院は賛成票多数をもって委員会設置案を支持した。委員会は9人で構成され、賠償金の形態や額などを決定する。委員会設置に議員の33名が賛成票を投じ、3人が反対を示した。

インスタグラム - Sputnik 日本
インスタグラム 黒人ユーザーに同サービスが及ぼす影響について調査予定
議会は専門委員会に対して、カリフォルニア州における奴隷制度の影響を詳細に調査し、2023年7月までに賠償金支払いスキームをまとめるよう要求。

AP通信によると、委員会は2021年6月までに活動を開始するが、名誉回復あるいは損害賠償について他の形態を提案する可能性もあるとしている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала