登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

現場は騒然 凧が絡まり3歳児が上空に飛ばされる 台湾

フォローする
台湾で8月30日に行われた凧揚げ大会で、3歳女児が凧に絡まり上空10メートルほどの高さまで飛ばされる事故が発生した。

この事故は、台湾北部の新竹市で行われた国際カイトフェスティバルの最中に発生した。大会役員が長い帯状の凧を放った瞬間、先端部分に女児の体が絡まってしまい、凧と一緒に上空へ飛ばされた。

SNS上で共有された動画には、現場に居合わせた観客の悲鳴が響く中、女児が強風にあおられ空中で激しく振り回されている様子が映っている。女児は30秒ほど空中を漂いながら徐々に降下し、地上にいた人々に一斉に抱き留められた。

女児は顔と首に軽い傷を負い、その後すぐに病院に運ばれた。幸い、命に別状はなかったという。

事故発生後、全てのイベントが中断され、林智堅市長が同日、今回の事故についてフェイスブック上で謝罪。再発防止に向けて原因究明する姿勢を示した。

大会当日、会場となった広場には強風が吹いていたという。また、女児が絡まった凧の先端には子どもたちのために空中からばら撒く予定だったキャンディが入っていた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала