登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

自分の表情をアバターに 顔を自由自在に変えられるマスクが誕生

フォローする
日本の公立はこだて未来大学と慶応義塾大学、メディアアーティストの徳田雄嵩氏、英国のユニバーシティ・カレッジ・ロンドンによる研究チームが共同で開発した「デジタルカメン e2-MaskZ」は、着用者のさまざまな表情をリアルタイムで検出し、ディスプレイに映ったアバターが再現してくれるという近未来的なマスクだ。

「デジタルカメン」の裏には光反射型センサーが取り付けられており、顔肌とセンサーの距離を測って表情を読み取る。マスクはフルフェイス型で顔全体が隠れてしまうが、かわりにディスプレイに表示されたアバターが本人の表情を周りに伝えてくれる。

公立はこだて未来大学の竹川佳成准教授はこのプロジェクトについて、日本の学生のアニメやゲームなどの自分の好きなキャラクターなってみたいという願望から発想を得たと語っている。

また竹川准教授によれば、デジタルカメンは、現在のコロナ禍におけるマスク着用時のコミュニケーションを円滑にするための一つの手段であるという。例として、面接時のリラックスした空間づくりや小児患者の治療時における不安緩和を挙げている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала