登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

スペースXが米国防総省と公式的な契約 ミサイル追跡用衛星の開発で

© SpaceX Flickr / フォトバンクに移行スペースX
スペースX - Sputnik 日本
フォローする
イーロン・マスクが代表を務めるスペースX社は、ミサイル発射での追跡用衛星の開発プログラムとして1億4900万ドル(約157億円)規模の公式的な契約を米国防総省と締結した。

スペースX社は、広角赤外線センサーを搭載した衛星の開発のため、通信衛星スターリンクの自社生産工場を使用する。

米軍 - Sputnik 日本
米国国防総省 イラクの駐留米軍の削減を発表
また、米テクノロジー企業L3 Harris Technologies社が同様の目的で1億9300万ドル(約204億円)相当の契約を締結した。

衛星技術は大陸間弾道ミサイルの迎撃用に使用される予定。

この間、すでにスペースX社は、軍事衛星の開発のための資金提供をうけており、米空軍が人工衛星スターリンクを活用した暗号インターネットのテストとして2800万ドル(約30億円)の支払いを行なった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала