登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

2メートル以上離れても足りない コロナ感染回避のための距離 米CDC

© AP Photo / Michael Dwyer社会的距離
社会的距離 - Sputnik 日本
フォローする
米疾病予防管理センター(CDC)は新型コロナウイルスは換気の悪い室内では2メートル以上離れた状態でも相手を感染させる威力があると発表した。研究者らは屋外であっても大人数が集まるイベントではマスクを着用するよう勧めている。

 CDC はこれまで咳やくしゃみをした場合でもウイルスは2メートル以上は飛ばないと考えてきた。ところが2メートルのソーシャルディスタンス(社会的距離)をとってもマスクを着用しなくても安全ではなく、飛沫はより広範囲に拡散し、感染を拡大させることがあきらかになった

コンサート(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
ドイツ研究チーム 3回の試験ライブ イベント時の新型コロナ拡散状況を調査
最近の研究で、コロナに感染した者が部屋にいた場合、2メートル以上離れた場所からでも、また感染者がその部屋を出た後でさえ相手を感染させることが明らかになった。こうした場合の室内とは換気が悪く、閉め切った部屋で、こうした環境で歌を歌ったり、運動した場合、感染が拡大しやすい。

このことから、自分も周囲の人を守るためには、相手との距離は2メートル以上とり、マスク着用、手洗い、物の表面の清潔を保つこと、また具合が悪い、まして感染した際は決して外出をしないことが大切。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
2メートル以上離れても足りない コロナ感染回避のための距離 米CDC - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала