登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ノーベル化学賞はゲノム編集手法に

© REUTERS / Eloy Alonsoエマニュエル・シャルパンティエ氏とジェニファー・ダウドナ氏
エマニュエル・シャルパンティエ氏とジェニファー・ダウドナ氏 - Sputnik 日本
フォローする
ノーベル委員会は、2020年のノーベル化学賞をゲノムの編集手法を開発したエマニュエル・シャルパンティエ氏とジェニファー・ダウドナ氏に授与すると発表した。

シャルパンティエ氏とダウドナ氏は、「遺伝子を修復するDNAのハサミ」とも呼ばれるCRISPR-Cas9システムを開発した。CRISPR-Cas9は、例えば糖尿病、白血病、統合失調症の治療の際に感染したT細胞からHIVを除去するなど、動物やヒトの遺伝子編集に利用することが可能。

​ノーベル賞は、1895年11月27日に署名された発明家アルフレッド・ノーベルの遺言に従って創設された。新型コロナウイルスの影響により、今年の授賞式はテレビ中継に変更して行われる。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала