登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ジョージ・フロイドさん暴行死事件 白人元警官、100万ドルで保釈

© Sputnik / Brian Smith / フォトバンクに移行抗議
抗議 - Sputnik 日本
フォローする
米ミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に暴行され死亡した事件で、フロイドさんの首を膝で押さえつけ、殺人罪で訴追された元警官のデレク・ショービン容疑者が、100万ドル(約1億600万円)の保釈金を支払って保釈された。

A woman visits the memorial for Breonna Taylor in Louisville, Kentucky, U.S., September 11, 2020.   - Sputnik 日本
警官による黒人女性の射殺事件で暴動 米ケンタッキー州に緊急事態宣言【動画】
ショービン容疑者がどうやって保釈金を調達したのかは不明。容疑者は、2021年3月8日に予定されている公判に出廷しなければならない。

ショービン容疑者は5月末から勾留されていた。第2級殺人の罪に問われており、有罪になると最長で禁錮40年を言い渡される可能性がある。

フロイドさん暴行死事件では、ショービン容疑者の元同僚警官3人も逮捕されたが、すでに全員保釈された。


今年5月25日、米ミネソタ州ミネアポリス市の警察官は20ドルの偽札使用の疑いでジョージ・フロイドさんを拘束。公開された動画によると、拘束の際に警官はフロイドさんの首を7分にわたり押さえつけており、その間、フロイドさんは息ができないと訴え続けていた。フロイドさんは意識を失い、病院に運ばれたが死亡が確認された。2回の解剖により、フロイドさんの死亡理由は暴行によるものだと断定された。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала