米司法省が平昌五輪、仏大統領選にサイバー攻撃としてロシア人6人を起訴

© Sputnik / Kirill Kalinnikov / フォトバンクに移行サイバー空間
サイバー空間 - Sputnik 日本
米司法省は6人のロシア人がロシア連邦軍参謀本部情報総局の人間で2017年、コンピューターウイルス「NotPetya」の拡散に関与したとして、6人をハッカー行為で起訴した。米法務省の声明では、6人はロシアの国益に都合がいいよう、他国のインフラと選挙を攻撃する目的で一連のサイバー攻撃および有害なプログラムの拡散に関与したとみなされている。テレビ局ABCニュースとロイター通信が米司法省の起訴状を引用して報じた。

起訴状では、6人のロシア人はウクライナ、グルジア、フランスの選挙、韓国での五輪に対し、またロシアの神経剤「ノビチョク」使用の責任追及を行う国際社会に対し、これを阻害し、またはかく乱しようとするロシア当局の尽力を支援しようとしたとされている。

FBIのデビッド・ボウディチ副長官は、FBIは再三にわたり、ハッカーの潜在性をロシアに警告してきたと述べ、起訴状の内容はロシアのサイバー活動がどれだけ非建設的なものであるかを物語っていると指摘している。

米司法省は、2017年にロシア国籍者らが拡散した「NotPetya」ウイルスにより、米国企業らが蒙った損害額は10億ドルを超えるとみなしている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала