登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

カムチャツカのベズイミャンヌイ火山が噴火開始 10キロの噴煙を噴き上げる

© Sputnik / Mikhail Nikitin / フォトバンクに移行カムチャツカのベズイミャンヌイ火山が噴火開始 10キロの噴煙を噴き上げる
カムチャツカのベズイミャンヌイ火山が噴火開始 10キロの噴煙を噴き上げる - Sputnik 日本
フォローする
22日、カムチャツカ半島のベズイミャンヌイ火山が、海抜10キロの高さまで噴煙を噴き上げた。ロシア科学アカデミー地球物理局カムチャッカ支部が発表した。

発表によると、噴火は現地時間の8時に発生した。火山灰の爆発的な放出は、海抜およそ10キロの高さに達した。

ベズイミャンヌイ火山は1年を超える期間、活動を示してこなかった。同火山が前回、最後に噴火したのは2019年。

1956年にベズイミアニ山は35キロから40キロの高さまで噴煙をあげた。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала