登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

医師:手足の冷えは8つの危険な病気のサインかも

フォローする
外科・整形外科医のダニエラ・デプレ氏は手足が冷える8つの原因を挙げた。ニュースサイト「ビジネスインサイダー」が伝えている。

寒い時期に脚が冷たいのは通常の現象。しかし屋外が暑いのに脚が冷え切っているのは病気のサインである可能性が高い。

  1. アテローム性動脈硬化では血液循環が悪くなり、血管が狭い脚は特に顕著になる。その結果、手足が冷える。
  2. 糖尿病。この病気に伴い神経損傷が起こる患者もいる。また糖尿病2型では血液循環が悪くなることもあり、特に脚の血管に影響が出る。
片頭痛 - Sputnik 日本
専門家が片頭痛の発作を誘発する食品について解説
レイノー病を患っている場合、ストレスを感じたり寒さで血管が収縮する。手足が青白くなったり血の気が引いている様子で分かる。
  • 多発性神経炎は手足のチクチク感や疼き、ほてりなどを伴うことが多い。
  • 貧血の場合、身体は十分な赤血球を生成していない。
  • 不安感
  • 甲状腺機能低下症では、甲状腺は正常機能に十分なホルモンを生成せず、その結果、血液循環の悪化を招くことがある。
  • 閉塞性血栓性血管炎の場合、血管炎症および血栓による血管の詰まりが起こる。
  • デプレ医師はこれら病気の疑いがあればすぐに医師に相談するよう呼びかけている。脚の冷えが病気と関係ないようであれば、スポーツをする、喫煙する、手足のマッサージをする、温かい服装をする、などがお勧めだ。これらは血行をよくするのに効果的だという。


    健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

    ニュース一覧
    0
    はじめに新しいものはじめに古いもの
    loader
    放送中
    Заголовок открываемого материала
    コメント投稿には、
    ログインまたは新規登録が必要です
    loader
    チャットで返信
    Заголовок открываемого материала