登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

物議を醸すノックアウト:Bellator 251で頭部への強力なキック後に試合中止【動画】

フォローする
米コネチカット州アン キャスヴィルで5日夜、総合格闘技(MMA)の大会Bellator 251が行われ、キリズ・モタ(ブラジル)とデレック・アンダーソン(米国)が対戦、この試合が物議を醸した。

第2ラウンドでアンダーソンが強力なキックを放ってモタをノックアウトし、試合は中止された。一方、ネット上では、MMAの多くのファンが、このようなキックはプロモーションで禁止されるべきだとの考えを表した。

MMAのルールによると、対戦相手が寝ている状態、あるいは体の点が3点(例えば、足2本と腕1本)またはそれ以上マットに着いている場合に頭部を蹴るのは反則とされている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Bellator MMA (@bellatormma)

そして一見、モタはちょうど両足と腕1本がマットに着いているように見えため、頭部へキックを打ってはいけないはずだった。

一方、コメンテーターは、キック時に片方の足がマットから離れていたことを指摘した。正式には、この打撃は反則ではなかったが、MMAファンたちの間で大きな議論を引き起こした。

アンダーソンはプロとしての試合で17勝目を挙げ、戦績は17勝2敗。モタは2敗目を喫し、12勝2敗。

先に、ロシアの元MMA選手、ハビブ・ヌルマゴメドフ氏は、MMAが五輪種目に採用される時期についてコメントした。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала