登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アルメニアの世論調査 明確に現れたロシアへの親近感

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy / フォトバンクに移行Жители дома, разрушенного в результате обстрела города Гянджа в Азербайджане
Жители дома, разрушенного в результате обстрела города Гянджа в Азербайджане - Sputnik 日本
フォローする
スプートニクの要請でアルメニアで実施された世論調査では、圧倒的多数の回答者がロシアへの親近感を表した。

回答者の84%が親ロシアと答え、、ロシア嫌いを認めたのはわずか9.4%、どちらとも言えないと答えたのは6.8%だった。

ナゴルノ・カラバフ - Sputnik 日本
米誌が指摘 ナゴルノ・カラバフにおける米国諜報活動の主たる3つの失敗
どこの国をアルメニアにとっての友好国と考えるかについての質問では、過半数の62.3%がロシアと答えている。友好国の順位では2位がフランス(39.9%)、3位がイラン(6.4%)、米国を友好国だと考えている人は5.8%だった。ドイツは1.2%、グルジアが0.6%。回答しかねると答えた人は4.6%だった。

回答者のほぼ85%がロシアを同盟国だと考えており、反対に同盟国ではないと回答した人は11.6%、回答しかねると答えたのが3.6%だった。

さらに軍事的政治的支援を受けるとすれば、どこの国から受けるかという問いには大多数の79.6%がロシアからと回答。次に多かったのがフランスで14%、3位がイランで7%。米国からは5%、ドイツが0.4%、12%以上が上記以外の国から支援を受けたいと考えており、回答しかねると答えた人が7.4%だった。


世論調査はラジオ「スプートニク」からの要請でギャラップ国際協会の特別メンバーであるアルメニアの「PMG」社が11月17日、電話によるアンケート形式で501人を対象に実施。標本誤差は最大4.3%で算出されている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала