G20各国が早急なワクチン開発でのWHOプログラム用に45億ドル調達の可能性=メディア

© AP Photo / Raphael SatterWHO
WHO - Sputnik 日本
国際社会はG20各国に対し、新型コロナウイルスの拡大に対応する援助のため、欧州連合(EU)やビル&メリンダ・ゲイツ財団などと立ち上げた枠組み「ACTアクセラレーター」のワクチン開発に不足している45億ドルを調達するよう呼びかけた。関連書簡のテキストを引用しAP通信が報じた。

G20の定例会議が11月21~22日にオンライン形式で予定され、そこではサウジアラビアが議長を務める。

ロシア政府によれば、G20の首脳陣は新型コロナウイルスの影響克服や全世界へのワクチン供給、保健システムの強化、世界経済の復興、雇用と国際取引といった問題について討議を行う。同様に、デジタル経済や気候変動や環境保護、エネルギー、腐敗防止といった諸課題での共同について検討が行われる。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала