登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「彼は生きることを望んでいなかった」:マラドーナの人生最後の日々についてマネージャーがコメント

© AP Photo / Natacha Pisarenkoマラドーナ
マラドーナ - Sputnik 日本
フォローする
元サッカー選手のディエゴ・マラドーナ氏のマネージャーであったステファノ・セチ氏は、死の直前、マラドーナ氏は身体的にも精神的にも悪い状態であったと語った。セチ氏のコメントを引用し雑誌『フットボール・イタリア』が報じた。

セチ氏は、「晩年、ディエゴは肉体的にも精神的にも悪い状態であった。彼は疲れ果て、死のうとしていたのだと思う。彼はこれ以上生きたいと思っていなかった。彼をめぐる家庭の混乱は、彼が一度も本当の安心を感じたことがないことを意味した。(略)しかし、これからはディエゴは彼がもっとも愛した人たち、つまり両親と一緒にいることができるだろう。彼はいま安らぎを得たのだ」と語った。

マラドーナ、遺言で遺体の防腐処理と展示を希望していた - Sputnik 日本
マラドーナ、遺言で遺体の防腐処理と展示を希望していた
また同氏は、「人として、彼と関係を持つことは非常に困難だった。なぜなら彼はもろく、まったく危なげで、遠慮がちで、そしてお人好しだったからだ。私には素晴らしい20年間の思い出がある」と述べた。

マラドーナ氏は心不全のため60年の生涯を終えた。アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は3日間全国的に哀悼の意を捧げることを表明した。ディエゴ・マラドーナ氏とのお別れは大統領府で前日に行われた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала