毎年500万人が運動不足で死亡 WHOが運動の推奨を発表

もし世界中の人々がより積極的なライフスタイルをおくっていたら、年に約500万人の死を予防できたかもしれない。世界保健機関(WHO)がこの問題について発表し、コロナウイルスの規制の際には特に運動の維持が重要だと強調する。

WHOは、さまざまなデータにもとづき、あらゆる年齢層のすべての人たちに運動をサポートする指導書を作成した。

仕事、ストレス(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
毎日何分の運動で早死には防げる?
慢性疾患または障害をもつ者も含め、すべての人々には週に2.5時間から5時間の適度なまたは高いレベルでの有酸素運動が必要。
  • 子どもと未成年者には毎日60分スポーツを行うことが推奨される。
  • 65歳以上の年配の人には、バランスと調整の改善、また、転倒防止や健康増強のために筋肉を強化するような運動が推奨される。
  • WHOは、定期的な運動は心血管疾患や2型糖尿病、ガンの治療と予防で重要な役割を果たし、うつ病や不安への対応に効果があり、また、脳の記憶と健康を改善させると強調する。

    WHOのテドロス・アダノム事務局長は、「各人が運動することが大切で、特に今、私たちは新型コロナに関わる規制条件のもとで暮らしていることから尚更重要だと言える」と強調した。

    関連ニュース

    ニュース一覧
    0
    コメント投稿には、
    ログインまたは新規登録が必要です
    loader
    チャットで返信
    Заголовок открываемого материала