登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

豪特殊部隊がアフガニスタン人39人を殺害した「アフガン文書」 発表後に起きたこととは?

フォローする
オーストラリア国防省は先週、「アフガン文書」と呼ばれる報告書をメディアに発表した。その文書は、豪国防軍の特殊部隊がアフガニスタンで「通過儀式として」アフガニスタン人39人を殺害した(目撃者400人の証言に基づく)証拠について記されている。この文書は、その発表後に何をもたらしたのだろうか?

「アフガン文書」の内容は?

この文書によると、2009年から2013年までの間、アフガニスタンで司令官が新兵に対し「血の洗礼を受ける」ためにアフガニスタン人を殺害するように命じていたという。犠牲になったのは、アフガニスタンでの捕虜、農民、民間人だった。

アメリカ軍 - Sputnik 日本
アフガニスタンとイラクの駐留米軍削減へ 米国の軍事的プレゼンスは縮小
オーストラリア軍は、犠牲になったアフガニスタン人は戦闘での死亡によるものと見せかけ、殺害を隠蔽していた。しかし、豪国防軍のトップは、この数十件にも上る殺害のケースについて何も認識していなかったと述べている。オーストラリア国防省の指導部は、今回明らかになった事実は恥であると述べている。


報告書に対する反応

この文書は大きな反響を呼び、豪軍特殊部隊で「浄化」が行われるようになった。この文書の発表後、3週間で豪軍から少なくとも9件の自殺事例が出たことをマスコミは報じている。

これほど短期間に豪軍の男性8人と女性1人が自殺したケースは、同軍史上前例がない。また、自殺した兵士がアフガニスタンでの犯罪に関与しているという正確な証拠はまだ見つかっていない。しかし専門家らは、今回の自殺がアフガン文書の調査によって引き起こされた可能性を否定していない。


ロシア外務省の反応

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官はブリーフィングで、オーストラリア国防軍兵士によるアフガニスタンでの戦争犯罪は、豪国防軍のキャンベル司令官が述べる「ルールに基づく国際秩序(欧米が推進する世界秩序の概念)」へのコミットメントについて再検討を迫っていると指摘した。

またこの件について同報道官は、「(しかし)それは一体どんなルールなのか?」と述べている。


中国によるスキャンダル

米ABCによると、オーストラリアは、中国外交部(外務省)の報道官がツイッターに投稿したフェイク写真について中国に謝罪を求めている。

​豪国防軍によるアフガニスタンでの戦争犯罪が報じられるなか、中国外交部はオーストラリア兵が子どもの喉に刃を突きつけている合成写真をツイッターに投稿。また、その写真には「怖がらないで。私たちは平和をもたらすために来たのだ」との文章が添えられている。

オーストラリアのスコット・モリソン首相はこの件に関し、中国側に謝罪を要求している。またモリソン首相は、これはフェイク写真であると述べ、同ツイートの削除を求めている。


アフガニスタン駐留のオーストラリア国防軍

オーストラリアは、2001年にアフガニスタンに軍を派遣し、2013年に最後の戦闘部隊を撤退させている。当時、合計2万5000人のオーストラリア国防軍が軍事作戦に参加した。この作戦により、同軍の兵士40人が死亡、261人が重症を負った。アフガニスタンでの作戦は、オーストラリア史上最長の海外軍事作戦となった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала