登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

ストレスホルモンのノルアドレナリンが、がんの再発を引き起こす可能性がある

フォローする
ストレスを感じた時に放出されるホルモンのノルアドレナリンが、がん細胞を再活性化することを学者らが発見した。これは、がんの再発を引き起こす可能性がある。研究結果がScience Translational Medicine誌に掲載された。

米フィラデルフィアにあるウィスター研究所のミケラ・ペレゴ氏率いる米国、ドイツ、ロシアの研究者らは、化学療法や手術でがんが治ってから数年後に、好中球と呼ばれる免疫細胞とノルアドレナリンやコルチゾールなどの特定のホルモンが、腫瘍の再発を促進する可能性があると仮定した

がん(アーカイブ) - Sputnik 日本
がん発症の主な要因は酵素G6PD 米研究者らが明らかに
そして実験室実験で、ストレスホルモンのノルアドレナリンが、マウスの休眠中の肺および卵巣のがん細胞を再活性化することが確認された。

血液中のノルアドレナリン値は、ストレス、ショック、外傷、不安、恐れ、緊張を感じた時に急上昇する。椅子から急に立ち上がった時でさえ、人間の血漿ホルモン含有量は1分後に数倍に増加する。

学者らは、ストレスホルモンを標的とする承認されたβ遮断薬(ベータブロッカー)の使用が腫瘍の再発防止に役立つとの見方を示している。実験的なβ遮断薬を投与されたマウスでは、がん細胞は活性化されなかったという。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала