ロシア空軍が長距離ミサイルの発射訓練を実施

© Sputnik / Alexandr Kryazhev / フォトバンクに移行軍事
軍事 - Sputnik 日本
ロシア空軍は、ウラジーミル・プーチン大統領の指導のもと、核戦力訓練の一環で弾道ミサイル2発、また巡航ミサイル数発の発射を実施した。8日、国防省が発表した。

同省によれば、8日、戦略的攻撃力の統括訓練が最高司令官の指導のもとで実施された。

巡航ミサイルの実験 - Sputnik 日本
ロシア 米国に中距離核戦力全廃条約のモラトリウムへの参加を呼びかけ
ロシア戦略ロケット軍の発射装置の算定と、戦略的航空隊および北方艦隊の原子力潜水艦の乗組員の活動演習が実施された。

発射訓練はアルハンゲリスク州のバレンツ海水域に位置するプレセツク宇宙基地で行われ、また、戦略的爆撃機Tu-160とTu-95による飛行訓練はエンゲリス市とウクラインカ市の飛行場で実施された。

戦略的爆撃機の攻撃演習はクーラおよびペムボイの試験場で取り組まれた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала