登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

スポーツ仲裁裁判所がロシア選手に対する世界アンチ・ドーピング機関の制裁を緩和

© Sputnik / Aleksei Vitvitskiy / フォトバンクに移行WADA
WADA - Sputnik 日本
フォローする
ロシアのスポーツ選手は、2022年12月16日まで大規模な国際大会にロシア国旗を掲げて出場することはできない。この件に関して通信社スプートニクが入手したスポーツ仲裁裁判所(CAS)の決定で示されている。

決定によれば、CASは、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)とロシアアンチ・ドーピング機関間の状況に関わりロシア選手へのWADAの制裁を緩和した。

ソチ、2014年、五輪 - Sputnik 日本
スポーツ仲裁裁判所 ソチ五輪の銀メダルをロシアに返却判決
2019年12月にWADAはロシアに4年間の国際大会への出場を禁じた。その中には五輪や世界選手権も含まれる。

裁判所が改定した決定に従い、ロシア選手は2022年12月16日までの2年間、国旗を掲げての大会出場はできないことに変更された。

この期間、ロシアは世界選手権や五輪、パラリンピックの開催権を失う。その際、制裁措置はサッカー欧州選手権(2021年)とUEFAチャンピオンズリーグ決勝(2022年)の開催地としてサンクト・ペテルブルクを除外することはない。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала