登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ブラジル一部熱帯雨林 吸収量を上回る二酸化炭素排出を確認

フォローする
ブラジルの一部熱帯雨林では、吸収量を超える二酸化炭素の排出が始まっているという。研究結果をまとめた論文が学術誌「Science Advances」に掲載された。

研究者らは、1987年から2020年のブラジル南東の熱帯雨林32か所における二酸化炭素排出量と吸収量の変動を分析。二酸化炭素吸収量は年間2.6%縮小し、排出量は年間3.4%増えていることが分かった。

「植民地的な発想」 ブラジルはなぜG7のアマゾン消火の財政支援を断ったのか - Sputnik 日本
「植民地的な発想」 ブラジルはなぜG7のアマゾン消火の財政支援を断ったのか
「二酸化炭素吸収量が最も減っているのは乾燥した高温地帯であり、それらは二酸化炭素吸収体から発生源へとすでに形を変えている」

論文によると、二酸化炭素排出量が吸収量を超えたのは2013年で、原因として森林伐採、降雨量の減少、高温干ばつ期が続いたことが挙げられている。

2019年、ブラジルでは大規模な森林火災が頻発。1年で熱帯雨林の650万ヘクタール以上が燃焼した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала