アリババグループの株価、8%下落 独占禁止法違反疑いの調査で 香港市場

中国の電子商取引大手アリババグループに対する独占禁止法違反疑いの調査が始まったのを受け、香港市場では24日、同社の株価が8%以上下落した。

11時の時点でアリババグループの株価は8.21%安の1株当たり228香港ドル(約3046円)まで値下がりした。

中国メディアによると、中国国家市場監督管理総局は、アリババグループを独占禁止法違反の疑いで調査を開始したと発表した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала