登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ボコ・ハラムがナイジェリアで農村を襲撃、住民ら10人を殺害

フォローする
イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」の戦闘員らがナイジェリア北東部のボルノ州で複数の農村を襲撃するテロが発生し、現時点で少なくとも10人の死亡が確認されている。AFP通信が治安当局の消息筋による証言をもとに報じた。

ボコ・ハラムの戦闘員らは6台のトラックに乗ってボルノ州の農村をいくつも移動し、犯行に及んだ。

国連(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
国連の平和維持部隊が中央アフリカで襲撃受ける 兵士ら3人死亡

戦闘員らは民間人を次々と殺害したほか、住居や商店街、教会に火を放ったという。殺害された10人のうち、4人は治安当局の職員。

ボコ・ハラムは欧米の価値観に反旗を翻しているほか、国内全土で「シャリーア」(イスラーム法)の導入を主張している。

ニジェール、カメルーン、チャドなど、ナイジェリアの周辺国はボコ・ハラムを敵視しており、治安当局との間で交戦が続いている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала