米国の元ミスバージニア州 新型コロナで死亡後に「蘇生」

米国の元ミスバージニア州であるバーバラ・ガスリー・レイ氏(82)はクリスマスイブに新型コロナウイルスの発症により死亡したが、その後、奇跡的にも「人生に復帰」を果たした。

1958年にミスバージニア州に選ばれたバーバラ氏は、昨年12月20日にジョージア州の医療機関に搬送され、その後、新型コロナウイルスにより呼吸困難に陥った。

入院2日後に彼女は死亡が確認された。はじめにこの悲しいニュースを知らされたのは、医師でもある彼女の息子のトム・ケリー氏だった。地元メディアを引用し、ニューヨーク・ポスト紙が報じた

棺桶 - Sputnik 日本
葬式中に蘇って親戚を驚愕させた男性
ケリー医師が彼女の夫であるトニー・レイ氏に母の死について伝え、その後、トニー氏が近親者らと「涙にくれ」ながら連絡を取り合った。しかし、数分後、ケリー氏に病院から電話が入り、バーバラ氏の脈が戻ったと伝えられた。

息子のケリー氏は、「医師として私がはっきり言えることは、先週の出来事はただ一言、『奇跡』としか言いようがありません」と強調した。

彼女はすでに集中治療室から一般病棟に移動されているが、バーバラ氏は自分に何が起こったのか分かっていない。バージニア州の彼女の古い友人は、地元紙に掲載された記事を彼女に見せてあげるつもりだと語った。友人によれば、バーバラ氏はいつも101歳まで長生きする計画だと語っているという。


関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала