登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国 ルーマニアに無人攻撃機を配備

© AP Photo / Eric GayGeneral Atomics MQ-9 Reaper unmanned aircraft taxis at the Naval Air Station in Corpus Christi, Texas.
General Atomics MQ-9 Reaper unmanned aircraft taxis at the Naval Air Station in Corpus Christi, Texas. - Sputnik 日本
フォローする
米空軍の無人型偵察攻撃機「MQ-9 Reaper」がルーマニアの都市クンピア・トゥルジーの航空基地に配備された。欧州およびアフリカの米空軍司令部が発表した。

A Polish soldier stands near US and Poland's national flags and a NATO flag in Swidwin, northern west Poland, April 23, 2014 - Sputnik 日本
NATO 2021年度の民間・軍事予算について合意
同司令部がサイトに公表した発表の中では、「米国空軍は、無人航空機『MQ-9 Reaper』および空軍兵士約90人をルーマニアの都市クンピア・トゥルジーの第71航空基地に配置した。

その目的は北大西洋条約機構(NATO)の作戦支援における情報収集および偵察、諜報活動にある」と説明がされた。

無人航空機と兵士らの配備は長期間が予定されているが、具体的なことは明らかにされていない。

発表によれば、無人航空機と兵士らの配備はルーマニア政府との合意にもとづくものであり、欧州における安全と安定のための米国の「コミットメント」が指摘され、また、NATO加盟国と「他の欧州パートナー」と関係強化が目的とされている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала